トランクルームの選び方について

このエントリーをはてなブックマークに追加

トランクルームの選び方

最近増えてきたトランクルーム。あなたは知ってますか?

気がつけば、あなたの街にトランクルームが増えてませんか?最近はマスコミにも取り上げられることが多くなり、認知度も高くなってきましたが、知らない方もまだ多いので今回はトランクルームの選び方を中心にお伝えします。

倉庫業のトランクルームと倉庫業ではないトランクルーム???あなたは知ってますか

倉庫業と倉庫業でないトランクルームって。と思った方はほとんどだと思います。これは本当なんです(笑)実はトランクルームというものは、倉庫業の方が使う名称なんです。この場合は、預けた商品が万が一破損や盗難、品質劣化した場合は、保証してくれるものです。荷物の出し入れは、業者の方にしてもうらいますので、24時間いつでもできるわけではあります。

では次に倉庫業でなないトランクルームです。これは、実はレンタル収納スペースと言われるものです。字のごとくスペース貸しということになります。倉庫業のトランクルームと大きな違いは、保管した商品の品質劣化や盗難、破損は免責になります。ここは一番気をつけなくてはいけないことです。しかし、出し入れは簡単に利用者の方ができますので、24時間365日いつでも荷物を取り出すことができます。

高価なものについては、倉庫業のトランクルームへ

倉庫業のトランクルームへ

皆さんが預けたい品物によって、使い分けすることをおすすめします。

特に高価な品物については、必ず倉庫業のトランクルームに預けることをおすすめします。品質保証がありますので、安心して高価な品物を預けることができます。

日常用品等であれば、自宅の保管庫代わりに気軽に使えるレンタル収納スペースがおすすめです。価格も安く、契約も非常に簡単にできます。ただし、倉庫業のトランクルームと違い、スペース貸しになりますので、品質保証についてはありません。気軽に使える使えるこのタイプが今人気です。

このようにそれぞれ特徴がありますので、理解した上で契約をしましょう。

レンタル収納スペースには屋外型と屋内型があります

※写真をクリックすると拡大されます。

屋外型トランクルーについて

屋外型は、比較的大きなスペースが用意させれおり、大量の保管に優れております。価格も安く抑えられているので、とてもお得です。
このタイプは、断熱材が有無により状況が変わります。事前にトランクルーム業者に問い合わせしてみましょう。
物置タイプの場合は、断熱材はほとんど入っていませんが、その分安く借りることができます。

屋内型トランクルームについて

屋内型は、ご自宅の収納スペースと同じ感覚で利用することができます。比較的小さなタイプのトランクルームもあります。衣類や電化製品の保管に適しております。
エアコンについては、その業者によって採用しているかどうか違います。エアコンはランニングコストがかかる分、当然使用料に含まれ高くなる傾向があります。
エアコンがない場合は、エアコン付きトランクルームに比べ安く借りることができます。

大きいトランクルームは実は効率が悪い?

大きいトランクルームは実は収納について効率が悪くなる場合があります。
奥行きがありすぎると、奥の品物も取りにくくなります。
また2帖たイプ帖になると、必ず通路を確保しないといけません。

大きいタイプはその分割安になっています。
逆に小さいタイプのトランクルームは、大きいタイプに比べ割高になっています。

プラスルームでは、極力2帖タイプ以下のトランクルームで構成していて、
効率の良いトランクルームを提供しています。
また小さいタイプも大きいタイプも貸し出し坪単価はほぼ同一価格に設定。

例えば、3帖タイプを希望されているなら、
1帖タイプと2帖タイプの組み合わせができます。
この場合であれば、余分な通路を確保する必要はなく、効率の良い収納スペースを使えることになります。